e-留学ガイド
e-留学ガイドは、みなさんの留学が充実するサポート情報満載でお届けします。
留学とは何だろう?
留学の目的を考えよう
留学のカタチを知ろう
留学斡旋会社の選び方
留学リンク集
いざ、留学準備!
留学先大研究
主要都市ガイド
主要言語ガイド
学校を選ぼう
生活の準備あれこれ
留学前に読んでおきたいオススメ本
さぁ、留学生活スタート!
学校生活をはじめよう
留学先でネット接続
ワーキングホリデー情報
帰国する前に
留学斡旋会社検索
1.留学したい国を選択
2.留学プログラムを選択
3.オフィスの所在地を選択
HOME


さぁ、留学生活スタート!ワーキングホリデー情報





留学
「ついに留学生活がスタート!期待と不安でいっぱい!」
留学とはひと味ちがったワーキングホリデー。
学んで、遊んで、働いて、あこがれの国で暮らすことができます。
ここでは、その制度についてご紹介しましょう。

ワーキングホリデーの制度とは
そもそもワーキングホリデーとは、仕事をすることで滞在資金を補いながら、最長1年間の海外生活を体験できる制度。これは、政府間協定に基づく国際交流のひとつだ。年齢制限があり、各国によって異なるが、大体が30歳以下。
もちろん、語学力をカバーするために、一定期間、語学学校に通うことも可能。休暇を楽しみながら、働き、学べる、若い人たちのための制度といえる。
現在、日本はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリスの7カ国と協定を結んでいる。

ワーキングホリデービザの取得方法
ワーキングホリデーで海外に長期滞在したいなら、まずはワーキングホリデービザを取ること。ここ数年、ワーキングホリデーの人気が高まり、国によっては発給数以上の応募があるため、募集期間や申請方法について規定が細かくなってきている。
また、年度ごとに定員締切のある国もあるので、行きたい国が決まったら、その国の大使館に問い合わせてみるといい。
ウェブサイトでも詳細は発表されているのでこまめにチェックを。
大使館への連絡&ホームページリンク集はこちらに作成しました。

どこで働き先を見つけ、働くか
現地で働くことができるのがワーキングホリデーの最大の魅力。
でも、無制限に働けるわけではない。就労期間は各国によって異なるが、いずれにしろ一定の制限がある。働くための渡航ではなく、あくまでもホリデー(=休暇)なのだ。
働き先としては、観光客を対象としたツアーガイドやお土産屋さんの店員、日本食レストランなどがポピュラー。ほかには日系企業や現地の企業でのオフィスワークもある。
ただし、現地の企業の場合、高度な英語力や実務経験を求められることも。働き先の見つけ方は、現地発行の新聞や、フリーペーパー、インターネット、留学代行会社の掲示板など。
そして、口コミも大切な情報源。どんどん積極的に情報入手してみよう。


ワーキングホリデーの協定を結んでいる国の大使館一覧表

  Copyright (C) e-留学ガイド & AD8,inc. All Rights Reserved.